水虫薬「ホロスリン」について

水虫薬ホロスリンは「なまこ」からできた水虫薬です。

「なまこ」から抽出された、殺真菌効果のある「ホロトキシン」が有効成分になっています。
なまこは食材や漢方薬として使われているように、安心して治療することができます。

1. 「なまこ」の持つ驚くべき力!

水虫菌に対する殺菌力が違う!

experiment01強力な殺真菌成分「ホロトキシン」は水虫菌の発育を阻止するばかりではなく死滅させます。

その為、ホロスリンを通常4~5日塗っていますと、水虫菌が殺菌され、体の自然な反応として異物を排除するために患部の皮膚(角質層)がめくれ落ちていきます。

水虫菌に耐性を作らせない!

水虫菌は、薬剤に対して非常に強い抵抗力を持っていますので、水虫はなかなか治らないと言われています。
殺真菌成分「ホロトキシン」は、発見されて40年以上になりますが、水虫菌に対する効力の低下は認められていません

水虫菌にのみ効く!

殺真菌成分「ホロトキシン」は水虫菌にのみ強力な効果を発揮しますので、水虫の患部以外にはほとんど作用しません
湿疹(汗疱[かんぽう]等)などと水虫が複合された状態の場合でも安心して治療がおこなえます。

角質層への浸透力が違う!

ホロスリンは皮膚に浸透しやすく、患部の皮膚の水分代謝を正常化して乾燥させるため、新しい皮膚の再生力を促進する効力も期待されます。
この効力も合わさって水虫の治療効果を更に上げています。

2. 天然成分なので安心!

水虫薬ホロスリンの殺真菌成分である「ホロトキシン」は自然の食品で使われている「なまこ」が原料となっています。
かゆみ止めや酵素阻害を目的とした化学合成抗真菌剤など一切配合していませんので、爪水虫などの長期の治療、妊娠中の方もご安心ください

※ ご注意ください

副作用として、まれにアルコール等でかぶれる方がおられます。
特に皮膚が弱くかぶれ易い方はご購入の前に医師又は薬剤師に相談してください。
強いウォッカやジンなどのお酒並みの酒精アルコールが含まれています。

PAGETOP