参考図書等

海の生き物からの贈り物~薬と毒と~ 塩入孝之 (著)

海の生き物からの贈り物~薬と毒と~
[内容紹介]
生き物は、生きていくうえで様々な化合物を生産しますが、その中には人間の役に立つ物質も存在します。海の生き物が生産する化合物のうち、薬と毒に関するものを取り上げました。名城大学での講義「海洋資源構造学特論」をもとに、初学者向けに化学の奥深さ、素晴らしさを伝えるべく、やさしく解説。薬、化粧品、サプリメントなどの創薬に関心がある読者にも、教養書として有用です。

弊社の水虫薬ホロスリンが第3章「医薬品として」の中で紹介されました!

著者  塩入孝之(名古屋市立大学名誉教授)
出版社 化学工業日報社
出版日 2016年3月25日

ナマコ加工食品による口腔内カンジタ抑制能に関する学術論文
公益財団法人 岩手生物工学研究センター

[論文名]
The Effect of Eating Sea Cucumber Jelly on Candida Load in the Oral Cavity of Elderly Individuals in a Nursing Home

by Akira Yano, Akiko Abe, Fumie Aizawa, Hidetoshi Yamada, Kentaro Minami, Miki Matsui and Mitsuo Kishi
Mar. Drugs 2013, 11(12), 4993-5007; doi:10.3390/md11124993

オープンアクセスジャーナルプラットフォームである「MDPI」にて検索可能なっております。
http://www.mdpi.com/journal/marinedrugs

「ホロトキシン」が口腔のカンジタ抑制に有効であることが掲載されています。

海から生まれた毒と薬 Anthony T.Tu 比嘉辰雄 共著

海から生まれた毒と薬
[内容紹介]
海洋生物のもつ毒には、食中毒をもたらすもの、刺されて痛い目に遭わせたり、場合によっては死に至らしめるもの、腐敗によって生じるものなどがあるが、特異で、強力な毒が多い。一方、生化学や生理学、薬理学の研究試薬として重要なものも多い。本書は、「海」をキーワードに海洋生物活性物質を取り上げて解説。

63ページの10章「ナマコからの水虫薬」から6ページにわたって「ホロトキシン」などについて紹介いただいております。

平成24年4月20日発行
発行所 丸善出版株式会社

なまこが水虫を退治する 石居昭夫 著

books_namakogamizumushiwotaijisuru
当社の創始者であり、水虫薬ホロスリンの開発者である故島田氏の友人である石居昭夫氏が執筆されました。

なまこの歴史や水虫の話から、半生を費やして水虫薬ホロスリンを開発した故島田氏の功績の紹介などが紹介されています。

昭和53年1月20日発行(現在は絶版)
発行所 株式会社食品資材研究会

アメリカの科学雑誌「SCIENCE」(1969年)

アメリカの科学雑誌「SCIENCE」(1969年)SCIENCEに掲載された論文

1969年にアメリカの科学雑誌「SCIENCE」に論文が掲載されました。

※ SCIENCEに掲載された内容を画像で表示する事ができます。(英文)

アメリカのSCIENCE誌でのページ
http://science.sciencemag.org/content/163/3874/1462

ホロトキシンとその抗かび作用に関する参考文献
(MEDLINE検索より)

Day PJ, Owens SR, Wesche J, Olsnes S, Roberts LM, Lord JM.
An interaction between ricin and calreticulin that may have implications for toxin trafficking.
J Biol Chem. 2001 Mar 9;276(10):7202-8. Epub 2000 Dec 11.
PMID: 11113144 [PubMed – indexed for MEDLINE]

Hasegawa N, Kimura Y, Oda T, Komatsu N, Muramatsu T.
Isolated ricin B-chain-mediated apoptosis in U937 cells.
Biosci Biotechnol Biochem. 2000 Jul;64(7):1422-9.
PMID: 10945259 [PubMed – indexed for MEDLINE]

Carbonetti NH, Irish TJ, Chen CH, O’Connell CB, Hadley GA, McNamara U, Tuskan RG, Lewis GK.
Intracellular delivery of a cytolytic T-lymphocyte epitope peptide by pertussis toxin to major histocompatibility complex class I without involvement of the cytosolic class I antigen processing pathway.
Infect Immun. 1999 Feb;67(2):602-7.
PMID: 9916065 [PubMed – indexed for MEDLINE]

Hudson TH, Grillo FG.
Brefeldin-A enhancement of ricin A-chain immunotoxins and blockade of intact ricin, modeccin, and abrin.
J Biol Chem. 1991 Oct 5;266(28):18586-92.
PMID: 1917980 [PubMed – indexed for MEDLINE]

Kitagawa I, Sugawara T, Yosioka I.
Saponin and sapogenol. XV. Antifungal glycosides from the sea cucumber Stichopus japonicus selenka. (2). Structures of holotoxin A and holotoxin B.
Chem Pharm Bull (Tokyo). 1976 Feb;24(2):275-84. No abstract available.
PMID: 1260955 [PubMed – indexed for MEDLINE]

Kitagawa I, Sugawara T, Yosioka I, Kuriyama K.
Saponin and sapogenol. XIV. Antifungal glycosides from the sea cucumber Stichopus japonicus selenka. (1). Structure of stichopogenin A4, the genuine aglycone of holotoxin A.
Chem Pharm Bull (Tokyo). 1976 Feb;24(2):266-74. No abstract available.
PMID: 1260954 [PubMed – indexed for MEDLINE]

PAGETOP